連日の遊び疲れと、安くて美味しいビールのおかげで

珍しくお昼近くまで起きれなかった。

慌ててシャワーを浴びると、何やら右肩が重い。

右肩に目をやると昨日の射撃の時にできたであろうアザが

しっかりと浮かび上がっていた。

なるほど、そういう事か、、、

なんとなく男の勲章をもらったような気がして

少し誇らしげに思えた。


足早に部屋を出ると、すでに強烈な陽の光が容赦なく肌に突き刺さってくる。

ベットメイクのおばさま達が、どでかいカートを押しながら

廊下と部屋を忙しく、行ったり来たりしていた。

辺りには洗い立てのシーツから

アメリカらしい甘い柔軟剤の香りが漂っていた。



今日は今回の旅行のメインイベント

ThePizzのアートショー、

その後は飛び入りでOKTのライブの予定。

とりわけ昼の予定は何もないのだが、LA滞在も残すは2日。

久しぶりに買い物でも行ってみる事にした。

SupremeやStussy、Diamondが立ち並ぶフェアファックスに向けて車を走らせる。

s-DSC06815

行き慣れたここへの道も

こんなにのんびりとした気持ちで走ると、また違って見えるもんだ。

停まる車に目をやりながら、ゆっくりと通りを抜ける。

s-DSC06819

洒落た店が立ち並ぶこのエリア

行きかう人たちもみんなお洒落

おもいおもいの洋服を身にまとい、颯爽と通りを歩く。

皆、自分らしいスタイル

日本人の”右へ倣え”のそれとは違い、

皆、個性豊かで面白い。

これぞアメリカンストリートファッション

毎回、ここでも沢山の刺激をお土産に持ち帰る。

数件を回り、

両手を紙袋でいっぱいにして車へと戻る。

頼まれた洋服や小物も、ほぼ購入終了。

一旦ホテルに荷下ろしに帰る。

買い物で汗ばんだTシャツを脱ぎ、さっとシャワーを浴び

買ったばかりのTシャツに袖を通し

いざ出発。





s-DSC06835

ロングビーチの画廊”EL Cuervo”に到着。





s-DSC06821

Pizzの愛車も到着しており、





s-DSC06822

外は溢れんばかり、賑やかに来客の声が通りを沸かす。




早速、中に入ってみる。

アサヒスーパードライを渡されて、

チーズのおつまみを一つ頂く。

s-DSC06823

s-DSC06824

s-DSC06825

s-DSC06829

s-DSC06832


中には懐かしい彼の絵の数々。

みんな立ち止まり、しんみりと彼の絵に見入っていた。






s-DSC06833

外では仲のよかった彼の友人が、

Pizzを悼み、ビール片手に話し込んでいた。




s-DSC06837

その傍らに、若かりし頃の彼の肖像が鎮座していた。

少しうつむき加減に背中を丸めながら、、、

ボクはそのベンチ、彼の隣に座って、彼を想い、

少しの間、Pizzとの思い出に浸ってみた。

口うるさくボクに「男はこう話すんだ」とか

「飯はこう食え」とか「フォークはこう使うんだ」

「あの店の飯がうまい」

「あそこにこんな店がある」

なんて色々と教えてくれた。

飯を食ってるとボクのプレートからそっと一口つまみ食いする彼

お茶目でボクのレンタカーを運転するのが好きだった彼。

他の車の運転手をよくからかって遊んでた。

真っ黒のサングラスをかけてよく夜に運転できるな~なんていつも不思議だった。

兄貴みたいなPizzがボクは好きだった。

もうこの世にはいないけど

彼の残した沢山の作品の中で、

それを手にしてる人たちの心の中で

ThePizzは生き続ける事だろう。

この夜も、沢山のアートピースが売れていった。

s-DSC06826

忙しそうなYUKIさんにも別れを告げ

そろそろ、友達の待つライブハウスに向う事にした。




s-DSC06839

ミラー越しに見えるアートショー会場は

まだまだ人が途絶える事はなさそうなくらい、大賑わいだった。















ひんやりとしたロングビーチの夜風が

窓から車内に流れ込む。

寂しくなったボクの体を冷やすかのように








State of CaliforniaTrip

Day 5






つづく...


  • ライブドアブログ